ズワイガニとは

かにの中でも細かく種類わけされており、消費者にとっては何がなんだかイマイチわからないなんて困った事態を引き起こしてしまっているかに、それがズワイガニです。
特徴としては非常に足が長く、オスが足を広げると体長70センチに到達するものもある、大変大きなかにです。
メスとオスの大きさが全く違い、大きなオスに対してメスはその半分程度の大きさしかないためメスとオスとで全く別の名前がつけられています。
またかにといえば北海道、という印象が強いですが、ズワイガニは日本では山口県から北の日本海に多く生息しており、水揚げ量が一番多いのは鳥取県です。

 

ズワイガニは産地によって名称が違い、鳥取、島根、兵庫、京都で捕れたオスのズワイガニは松葉ガニ。
同様に福井県沖で捕れたものを越前かに、石川県沖で捕れたものは加能がにと呼ばれています。

 

対してメスのズワイガニは香箱がに、セコガニ、せいこがにという名称で呼ばれています。

 

またズワイガニの近縁種には缶詰などによく使用される紅ズワイガニがあり、紅ズワイを他のブランドズワイガニとして販売するという問題が発生したこともありました。
ただ紅ズワイはまずいわけではなく、漁獲量の違いによって価格差があるため問題になったのです。
紅ズワイはズワイガニと比べて身が細く味が淡白ですので、その点も混同してしまうとトラブルを招いてしまいますので、消費者である私たちも種類の違いを知り後悔のない通販が出来るよう努力をしましょう。