タラバガニとは

タラバガニは年に2回旬を迎える、非常に選びやすいかにです。一回目の旬は4、5月、この時期はタラバガニが獲れるオホーツク海の流氷が去った後で、甘みがとても強くなります。
二回目の旬は脱皮直後の11月〜2月、この時期は甲羅が硬くなり身がしっかりと詰まっており、ぷりぷりとしたかにの身を楽しみたい方はこの時期にとれたタラバガニを選ぶといいでしょう。

 

タラバガニはかに、と名が付いていますが実はヤドカリ下目に属しており、生物学上ではヤドカリの仲間なんです。
一般のかには横方向のみに移動を行いますが、タラバガニは縦方向への移動も可能で、そういったこまかい点でヤドカリの面影を宿しています。

 

ちなみにタラバガニは日本国内で食用として流通していますが、産地はロシアが流通量の95%を占めています。
残りはカナダ産、そして少ないながらも北海道で獲れたものがあり、北海道で獲れたタラバガニは数が非常に少ないためとても貴重です。

 

通販で美味しいかにを購入する上での豆知識として、タラバガニのかに味噌は他のかにと比べ味が落ちる、というポイントがあります。
ですので丸一匹かにを購入してかにみそも楽しもう、と考えている方にはあまりおすすめできないかにです。
身も大振りですので、しっかりとかにを食べたという感じを得ることが出来ますが、かに本来のうまみは他のかにのほうが上回っており、生食よりも加熱して食べたほうが美味しく食べられるようです。

 

タラバガニとそっくりなかにとしてアブラガニというかにが居ますが、この二つは全く別物です。
悪徳業者の中には、仕入れ値が安いアブラガニをタラバガニと偽証して販売している所もあるようですので注意が必要です。