かに味噌って?

かにを丸々一匹購入した際に付いてくる、かに味噌。
かに味噌を好きな人にとっては非常に美味しいもの、珍味として認識されていますがかに味噌っていったい何なのでしょう。

 

かに味噌は、実はかにのすい臓、肝臓なんです。かには人間のようにすい臓と肝臓が分かれておらず、中腸線という一つの臓器として体の中に存在しています。
ですので、かに味噌は肝すい臓、もしくは中腸線と呼ぶのが正しいんですね。
ちなみにこの中腸線、人間で言う肝臓とすい臓が持つ働きと同じ働きを行う臓器で、食べたものを消化するための消化酵素の分泌、摂取した栄養素の分解、吸収、蓄積という働きを行っています。

 

かに味噌はかにの甲羅を剥がして中心から少々上の部分にあります。
食用として用いられるかに味噌は毛がにやズワイガニのもので、身が大きく食べ甲斐があるタラバガニのかに味噌は味があまりよくない上に、加熱しても凝固しないので食べにくく、食用としてはあまり用いられません。
ちなみに最近人気が高い花咲がにのかに味噌は食べられますが、もともと花咲がに自体が脂乗りがいいためかにみそも脂分が多く、やはり食用としてはあまり用いられていません。

 

かに味噌の美味しい食べ方は、お好きな方ですと生のまま、かにの身につけて食べたりスプーンですくって食べたり、軍艦巻きにして食べたりという方法が多いようですね。
独特の風味が苦手な方は加熱すると風味が和らぎ食べやすいので、甲羅のまま網に乗せて焼くと美味しく食べることができますよ。