花咲ガニとは

冬に旬を迎えるものが多いかにの中で、春〜秋に旬を迎えるかに、それが花咲ガニです。
花咲ガニは他のかにと比べ漁獲量がとても少ないため、幻のかにと呼ばれグルメツアーが組まれるほど人気の高いかにです。
それというのも漁獲量が少ないうえに、生息地が根室沖や釧路など限られているため、北海道では流通していますがそれ以南、本州や九州以降ではほとんどお目にかかれないのです。
そのためわざわざ漁獲地に行って食べよう、という話になるほど人気が出たんですね。

 

漁獲量が少ない、生息地が限られているだけで美味しくなければ話題にはなりません。もちろん花咲ガニはその人気に比例して、味も非常に美味です。
もともと花咲ガニは天然昆布が生えている場所に多く生息しているため、主な食糧は天然昆布です。
そのためか、身は非常に濃厚で独特の甘みがあり、脚が太く身がしっかりと詰まっています。また脂分が多く含まれていますので、焼きや茹で、なべの具材に大変向いています。
生食ももちろん可能ですが、独特の甘みと脂分がありますので大量ではなく少量にとどめておくといいですね。

 

サイズはタラバガニなど大型のかにと比べると小さく、甲羅のサイズは大体15センチ程度です。
特徴としては甲羅が硬いこと、そしてトゲが多く生えていますので、殻付きのものを食べる際はキッチンバサミが必須です。
軍手やゴム手袋があるとかにが持ちやすく、殻をむきやすいですね。
非常に貴重なかにですので、取り扱っているショップも少ないので見つけたら早めの購入をおすすめします。